866:名無し@イラストまとめ 2014/08/24(日)23:37:17 ID:yXA2cIWyT



こんにちは。
全身の比率や筋肉の勉強をしているのですが、びっくりするほど絵にメリハリや魅力がありません
写真や鏡を見ながら描いたはずが、線画の時点で全体的にのっぺりしすぎていて、どこに手をつけていいのか分からなくなりました
どこから改善すればいいのかアドバイスを頂けないでしょうか。
自分の絵は何故か幼くなってしまうので、色っぽく描けるようになりたいです。
よろしくお願いします。

 


 
 912:名無し@イラストまとめ 2014/08/31(日)00:03:29 ID:WcmnOkcpe



no title

>>866
構造を考えながら描く、それしかありません。

(ちょっと今時間がないので今回は結果だけのうpですが、
要望があればいつものように段階を追ったバージョンをうpります。)


 
 915:名無し@イラストまとめ 2014/08/31(日)19:46:00 ID:LEpAxEygP



>>912
レス&添削ありがとうございます!
模写などで構造の理解を深めながら描いてゆこうと思います。
添削と見比べてみると、描き込みが足りなかったなど、少し見えてきた気がします。

今後の参考にぜひおお見せただきたいです。段階のバージョンのうpお願いできますでしょうか。


 
 922:名無し@イラストまとめ 2014/08/31(日)23:36:29 ID:WcmnOkcpe



no title

>>915 (>>866)
基本的には棒人間に肉付けしてゆくのですが、最近自分でももう少し
パースを意識したくなってきたので、少し丁寧にやってみました。
(ここで投げてる絵は自分の勉強のためでもあるので)。

図①
棒人間(八頭身とします)が正面に立っているだけなのですが、

目------------------キャンバス-----------人体

みたいに横から見た図を考えれば、キャンバスの位置(図①での縦のピンクライン)を目の近くに置くか遠く
に置くかに応じて縦方向の等分割ライン(棒人間の頭身を表します)が
どのように縦に圧縮されるかが決まります。

作図するときには、横から見たときに。。。みたいなのは別にまじめに考える必要はありません。
作図の便宜上、消失点を真の消失点から水平にずらしたところに置き、そこから
八頭身に対応する分割線の節に線を伸ばしてゆき、キャンバスの遠位/近位に応じた位置に新しく引いた
ピンクの縦線との交差点を作図します。この点の列が遠近法に伴う圧縮を表しています。

図② 圧縮を表す点列の部分だけ取り出しました。

図③ ガイドとなる円柱を描いてみます。楕円の輪郭は適当(いいかげん)です。もっと
圧縮がきつい場合にはまじめに作図したほうがいいかもです。

図④ 円柱に収まるように棒人間を組み立てます。
(反省点:骨盤はもうちょっと見下ろし気味に描いたほうがよかったかも)。

図⑤ 棒人間に骨のディテールと筋肉のディティールを付け足します。
前にも何処かで書きましたが、大胸筋などの巨大な筋肉は複数の筋肉からなる
筋群として考えるほうが、人体にとっても自然で、作図する側にとっても楽です。
(反省点:上腕三頭筋と前鋸筋の把握が甘い。もっと学ぶ必要がある)。

水泳やら剣道やら、上半身を鍛えるタイプのスポーツをしていると肩幅が広がりますが、
成長期に肩の幅が発達するだけでなく、背部の筋量の増加で脇の下が盛り上がります。
大円筋だとか広背筋だとかの背部の筋肉が前面から見たシルエットに影響するので、
この辺でようやく背中の筋肉を学ぶモチベが上がるポイントでもあります。

図⑥ 輪郭に係る線だけ抽出してみます。

図⑦ 線を仕上げてみます。もう少しまじめにやるならば、輪郭から線画までもう一ステップ
増やしてもいいと思います。

図⑧ ざっくりと影を付けてみてバランスを確かめます。

参考になれば幸いです。


 
 970:名無し@イラストまとめ 2014/09/02(火)22:12:12 ID:K0LCXcnkC



>>922

>>915です。
解説などを細かにありがとうございました!
画像とレス保存させていただきました。


引用元:http://open.open2ch.net/test/read.cgi/oekaki/1399399442/